未分類

弱小球団だったヤクルトが‘90年代なぜ人気球団になり得たのか⁉️

80年90年代の野球界人気と言えば

巨人・阪神の独占状態❗️

他のセ・リーグの球団はお金が稼げるのは人気球団

巨人・阪神との試合のみ❗️

こんにちは❗️

イベント・セミナー開催のプロフェッショナル

酒井邦彦です❗️

同じ東京にありながら

巨人とヤクルトの人気の差は歴然❗️

球団も稼げる巨人・阪神の試合のチケットも

別料金で設定してたほど

そんなヤクルトに監督として就任したのは野村克也監督

現役時代野村さんはパ・リーグの選手だったため、

戦後初の三冠王になるなど選手としても数々の実績を出されますが

人気球団巨人の王さん・長嶋さんの影にかくれ

なかなかマスコミに取り上げられることもありませんでした❗️

そこで生まれた言葉がこちら!

「王、長嶋はひまわりで、俺は月見草だ!」

あなたも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

これも選手時代、人気のなかったパリーグ南海ホークスにいた野村さんが

いかにマスコミに注目してもらうか考えて発して言葉!

野球は、人気商売!

いかにマスコミを味方につけるかが重要になってきますが、

野村さんがヤクルトの監督になると、

選手にオフシーズンは選手たちにもどんどんテレビに出ることを勧めます!

当時、小さかった僕も

珍プレーの番組や歌番組、ヤクルトの選手たちが多く出演してたのを覚えてます!

今シーズンからヤクルトの監督になられた高津臣吾さんも、

アフロ姿でクリスタルキングの「大都会」を歌っていたのは爆笑でした!w

このように選手のテレビへの出演を促していった結果

リーグ制覇4回日本一3回になるなど実力も伴って

ファンクラブ会員が完売になるほどヤクルトの人気は上がっていきます!

マスコミやテレビの力を活用して

巨人に負けないくらいの人気球団になっていった

90年代のヤクルト

人気球団になれたのも

テレビやマスコミに多く露出したことで、

選手やチームに触れる機会が増えたことで

親近感を持ってもらえることができた結果

ヤクルトファンが増えていきました!

マーケティングでもっとも重要なことは、

露出を増やすこと

露出を増やしていかなければ

誰もあなたのファンになってくれませんね!

当時のヤクルトはこの点をうまく押さえていたので

人気球団になりえたのですね!

===========

【酒井邦彦とは?】

セミナー開催のプロフェッショナル

【公式ページはこちち▶▶https://92lp.info/

新卒で入社した社員規模2,500名のメーカーでは、飛び込み営業を経験。

営業部内で契約件数No.1になる。

退社後、独学でアフィリエイトを始める。

リスティング広告を活用した集客を行ったところ月100万円の報酬を得ることができ、

アフィリエイト収入だけで生計を立てられるまでになる。

その後「学びを通じて幸せになる大人を増やす」のミッションに共感し、

社会人向け会員制有料自習室「勉強カフェ」を全国25店舗展開している

株式会社ブックマークスに入社。

勉強カフェでは、

スタジオマネジャーとして店舗運営を行う傍らセミナー・イベントを主催する。

今まで主催してきたセミナー・イベントは延べ250回以上。

2018年11月に行ったイベントでは、募集からたった20日で満席となり

さらに増席して開催。

更に活躍の場を広めるべく、

2019年8月に退職してセミナーのプロモーターとして、独立。

2019年9月に独立後初主催したセミナー

末岡よしのり×坂田公太郎「金持ち自由人、貧乏不自由人」では、

100人集客して300万円売り上げる。

追伸:

もし、あなたが少しでも

「セミナー主催、集客の仕方について知りたい!」

と思っているなら、

独立後初主催のセミナーで300万円売り上げた

セミナー開催のプロフェッショナル

酒井邦彦のメルマガ

に登録することをオススメします。

ぜひ、こちらからご登録ください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です