未分類

ヤクルト高津監督著書「二軍監督の仕事」から見る人材育成とは

プロ野球の2軍というと

皆さんはどういったイメージを持たれているんだろう

「若手を育成する場」

「1軍に上がれない人たちが練習してるとこ」

「そもそも何してるかよくわからない」

僕はこんなイメージでした

しかし東京ヤクルトスワローズの高津監督の書籍「二軍監督の仕事」を読んでみて

 

2軍ってこんなにも考えて、選手の育成など計画されてやっていたのかと驚きの連続でした。

こんにちは!

イベント・セミナー開催のプロフェッショナル

酒井邦彦です。

まず、ヤクルトの場合、

将来有望な選手を「強化指定選手」に指定して、育成のプランを

2軍だけじゃなくて編成やスカウトなども含めて練る。

例えば投手であれば、特定のイニング以上は投げさせる。

野手であれば、なん打席以上打たせるといったように。

さらに、村上のように将来の4番になってほしい人材であれば、

2軍の試合でもずっと4番をうたせる。

そして二軍の試合で投手の場合どんなにストライクが決まらなくても、

打ち込まれようとも

決められたイニングは、きっちりと投げさせる。

試合なので、勝ち負けにこだわれば、

相手との相性なども考えれば、

ここで投手を変えたほうがいい場面

代打を送ったほうがいい場面あるとは思う。

しかしあえてそういった場面でも投げさせること、打席に立たせることで

これからの将来ヤクルトを背負って立つ選手に失敗してもいいから経験を積ませる

そこをうまく乗り越えられたら

自信にもつながるし、成長にもつながる

逆に乗り越えられなかったとしても

人間目の前に大きな壁が現れたときに

そこをどう乗り切ろうか必死に考える

「ここが足りなかった!」と気づくことができる。

そしてその壁を乗り越えるようと必死で練習する。

この本で読んでて思ったのは、2軍の試合って

試合感を鈍らせないようにとか

練習するだけじゃ飽きるからやってんのかなぐらいにしか思ってなかったけど

人材を育成するにおいても、選手が成長するためにも

すごく重要な機会になってるんだと

思い知らされました。

2軍の試合では選手が

自信をつける場でもあるし、技術的にまだ劣ってる部分を発見する場にもなっている。

実践での経験を積んで技術的に劣っている部分を発見して乗り越えて

自信をつけさせて1軍に行って活躍できる選手になっていく。

この失敗してもいいから経験を積ませること

そして選手に気づかせる

自信をつけさすことこそが2軍監督の仕事なんだと思うし、

一般社会においても人材育成していく上で重要なことなんじゃないだろうか。

あー!高津監督の本読んでみて面白すぎて書きたいことまだあったけど、

またどこかで書きます!

あざまーす!

===========

【酒井邦彦とは?】

セミナー開催のプロフェッショナル

【公式ページはこちち▶▶https://92lp.info/

新卒で入社した社員規模2,500名のメーカーでは、飛び込み営業を経験。

営業部内で契約件数No.1になる。

退社後、独学でアフィリエイトを始める。

リスティング広告を活用した集客を行ったところ月100万円の報酬を得ることができ、

アフィリエイト収入だけで生計を立てられるまでになる。

その後「学びを通じて幸せになる大人を増やす」のミッションに共感し、

社会人向け会員制有料自習室「勉強カフェ」を全国25店舗展開している

株式会社ブックマークスに入社。

勉強カフェでは、

スタジオマネジャーとして店舗運営を行う傍らセミナー・イベントを主催する。

今まで主催してきたセミナー・イベントは延べ250回以上。

2018年11月に行ったイベントでは、募集からたった20日で満席となり

さらに増席して開催。

更に活躍の場を広めるべく、

2019年8月に退職してセミナーのプロモーターとして、独立。

2019年9月に独立後初主催したセミナー

末岡よしのり×坂田公太郎「金持ち自由人、貧乏不自由人」では、

100人集客して300万円売り上げる。

追伸:

もし、あなたが少しでも

「セミナー主催、集客の仕方について知りたい!」

と思っているなら、

独立後初主催のセミナーで300万円売り上げた

セミナー開催のプロフェッショナル

酒井邦彦のメルマガ

に登録することをオススメします。

ぜひ、こちらからご登録ください!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です